英国🇬🇧ロンドン大学院留学  〜ビッグ・ベンは工事中〜
ロンドン留学に関する備忘録

【イギリス生活情報】イギリスの永住権取得方法

 

 

イギリスの永住権取得方法

 

ロンドンにやって来た頃はイギリスで永住権を取得するなんて考えてもみませんでしたが、最近永住権保持者の方と知り合う事が多くなってきたので、少し調べてみました。

 

大きく分けると3つ

 

イギリス人と国際結婚後2年滞在

合法ビザで14年滞在

ワーキングビザで10年滞在

 

ビザ申請費用:イギリスのことなので常に変動

 

 

はっきり言ってしまうと、イギリス人と結婚するのが一番手っ取り早い方法ですが、問題は結婚相手が見つかるかどうかでしょう。(^ ^;)これは自分でなんとかなる問題ではなく、運だと思うので、あまり現実的ではないかな。どうしても!と言う人でゲイとペーパー婚などされる方もいるようですが。。

他にもEU圏の人と結婚するとイギリスに移住しやすくなるというのもあるようです(ブレグジットした場合は知りませんが。。)

ちなみに、ロンドンでイギリス人に出会うのはきわめて稀で、ロンドンでイギリス人と結婚して暮らしている方は、ロンドン以外で出会われたケースを多くお見かけします。また、結婚したイギリス人の収入やステータスもビザ取得に関わっているらしく、結婚してすぐにイギリスに住めるビザが発行されるわけではない模様。。

 

合法でというのは、観光ビザでもワーホリでも学生でも、とにかく入国して、日本とイギリスを行ったり来たりしながら、14年間居た場合取得できるというものです。長い道のりですが、粘れば取得できそうですね。この時、家賃の領収書など提出しないといけないなど、用意する資料が多いということに注意が必要です。

 

ワーキングビザで10年(または起業ビザやタレントビザなどの特別なビザで2~5年、条件により変動)が、一番正攻法だと思います。問題はイギリスで正規雇用してもらえるかです。ワーキングビザには企業からのオファーレターがいるので、まず現地正規雇用される必要があり、それなりにハードルが高い気がします。日本企業もあると思いますが、10年継続して正規雇用するところはそんなに多くはないと思いますし。。(ほとんどの企業が日本ベースで、数年の駐在が一般的だと思います)現地採用の枠はあると思うので全然無いことはないと思いますが。。

 

同じ大学院を卒業された先輩 (日本人)が言っていましたが、日本人(や東アジア人)で、ロンドンの英系企業で正規雇用されるのは、こっちの大学院を出ていてもそれなりに難しいとのこと。(基本、ネイティブやイギリス移住を目指す他の外国人と同じ土俵でバトル (もっというと、イギリスでは特にホワイトカラーの職業はイギリス人やEU圏を優先する風潮もあり、その下はインド系、カリビアン系、アフリカン系、アラブ系で、東アジア人ははっきり言えば、超マイノリティ。その中でさらに日本人よりも英語圏慣れしている香港人や、バイタリティが半端ないメインランドチャイニーズ、台湾、韓国、他の日本人との席とり合戦)するわけなので) しかし、本格的に移住してイギリス人になる!という人は、とにかく頑張る、これが一番だと思います。

※ちなみに永住権には選挙権はなく、選挙権を取得するためには市民権というものが必要なんだそうです。 

 

 

そしてそもそも、イギリスの永住権は必要なのでしょうか?

 

 

イギリスの永住権のトリッキーなところは、簡単に失効してしまうところ。

例えば、2年継続してイギリスを離れていたら失効しますし、それ以外にもイギリスから生活の拠点が移ったとみなされると失効します。

 

つまり、イギリスに用がなくなったとしても、永住権保持の為にイギリスに縛られることになるのです。

 

なので、本格的にイギリスに骨を埋める覚悟でないと取得する意味は無いような気もします。

 

イギリスは短期間(半年)などの滞在なら日本人なら簡単に観光ビザで入国できますし、語学学校などに通えば学生ビザも無料で発行できます(まあ、何回も繰り返し来ていたら怪しまれますが..)

 

ちなみに、有名人になれば名誉市民ビザがもらえるらしいです。こういうの、せこいイギリスらしいなぁ。。

 

世界中の人が移住を目指すイギリスですが、現実はなかなか険しい道のりのようです。

 

 

またビザについて調べたら記事を書くかもしれません。

それでは。

 

 

 

 

 

-トピック記事

 

 

englandryugaku.hateblo.jp

 

 

 

 

【2019年イギリス学生ビザ】Tier4 (General) Student Visaの取得の流れ

 

 

2019年版 Tier4 イギリス学生ビザ取得の流れ

 UKVIの沙汰は忍耐と金次第 (2019年編)

 

去年2018年版のTier4ビザ(イギリス長期留学学生ビザ)取得に関するゴタゴタの件の記事を書いたのですが、今年もビザを申請する機会がありましたので、簡単にレポートします。

>>2018年版のTier4ビザ取得の流れ

 

・申請に必要なもの

大学からもらうCASナンバー

>>CASナンバーとは?

クレジットカード

パスポートナンバー、大学のスポンサーコード、大学の住所などの情報

※高校生以下の場合は保護者の承諾書と保護者との関係証明書(英語)

 

・ビザ申請センターに持っていくもの

パスポート

ビザチェックリストを印刷したもの(A4サイズ)※予めアップロードしていれば不要

ビザ申請センター予約シートを印刷したもの(A4サイズ)

 

・ビザ申請に必要な金額

ビザ申請料 約5万円 (£348)

HIS保険料 約10万円(2年コースの場合)

計約15万円

     +

ビザ申請センターでの追加サービス料(頼む場合)

ビザ申請センターまでの交通費、宿泊料

 

>>gov.ukのウェブサイトでの詳細

>>Tier4ビザ申請説明の全文

※フルガイダンスは長いですが、個人でビザ申請される場合は一通り目を通すことを強くお勧めします。

 

2019年版 Tier4ビザ取得の流れ

 

まずは例によってgov.ukのサイトのビザ申請画面へ。

 

f:id:izumo74:20190705224333p:plain

 

Tier4 ビザを選択。

 

f:id:izumo74:20190705224433p:plain

日本で申請する場合は日本を入力。

 

f:id:izumo74:20190705224508p:plain

日本でビザ申請できるかを入力。

 

f:id:izumo74:20190705224540p:plain

 

メールアドレスやパスワードを設定してアカウント登録。

 

f:id:izumo74:20190705224554p:plain

 

メールが届くので、そのリンクからログイン。入力の途中でログアウトしても、ここからまた入り直せば途中から入力を続ける事ができます。

 

f:id:izumo74:20190705232115p:plain

f:id:izumo74:20190705232005p:plain

 

 

別名義の入力。なければ次へ。

f:id:izumo74:20190705224607p:plain

 

CASナンバーを入力。

>>CASナンバーとは?

f:id:izumo74:20190705224618p:plain

 

電話番号や住所などの個人情報を入力。

f:id:izumo74:20190705224630p:plain

f:id:izumo74:20190705224642p:plain

f:id:izumo74:20190705224658p:plain

f:id:izumo74:20190705224709p:plain

 

配偶者の有無を結構詳しく聞かれます。イギリスは移民が多いので厳しいですねー。

f:id:izumo74:20190705224743p:plain

 

国籍などの情報入力。

f:id:izumo74:20190705224753p:plain

 

パスポート情報の入力。

f:id:izumo74:20190705224810p:plain

 

パスポートが複数ある場合の入力。無ければなしで。

f:id:izumo74:20190705224821p:plain

 

日本人は国民カードを持ってないので無しにしました。(マイナンバーカードを入れても良いのかもしれませんが、持ってない人もいるので特に入力しなくても良いでしょう)

f:id:izumo74:20190705224831p:plain

 

イギリス到着予定日の入力。

f:id:izumo74:20190705224845p:plain

 

対応言語の選択。日本語対応はたぶん無いので英語で。

f:id:izumo74:20190705224858p:plain

 

高校生以下ではない場合はNoで。

>>Tier4(Child)のガイダンス

f:id:izumo74:20190705224914p:plain

 

言語能力証明書の入力。Higher Educational Institution(HEI) に指定されている大学からCASナンバーをもらっている場合は、IELTSなどの問題はクリアしていると思うので、何も追加資料は用意しなくて良いと思います。

>>Higher Educational Institution(HEI) 指定とは?

f:id:izumo74:20190705224925p:plain

 

学費、生活費の出所を入力。

f:id:izumo74:20190705224940p:plain

 

両親の情報入力(父母両方)。

f:id:izumo74:20190705224956p:plain

f:id:izumo74:20190705225008p:plain

 

イギリス国内にいる家族の情報入力。

f:id:izumo74:20190705225020p:plain

 

団体で留学する場合、団体の情報を入力。

f:id:izumo74:20190705225033p:plain

 

イギリスに家族や配偶者を一緒に連れてくる場合の情報入力。

f:id:izumo74:20190705225044p:plain

 

イギリスでの滞在場所について入力。

f:id:izumo74:20190705225057p:plain

 

賃貸での滞在の場合はrental property と入力しました。

f:id:izumo74:20190705225121p:plain

 

その他別の滞在場所があれば入力。

f:id:izumo74:20190705225133p:plain

 

今までのイギリス渡航歴の入力。

f:id:izumo74:20190705225151p:plain

 

渡航歴がある場合はその理由の入力。

f:id:izumo74:20190705225206p:plain

 

イギリスで治療を受けた事があるかの入力。

f:id:izumo74:20190705225218p:plain

 

イギリスでビザ延長したことがあるか入力。

f:id:izumo74:20190705225229p:plain

 

 

オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アメリカ、EU圏などの渡航歴を入力。

f:id:izumo74:20190705225252p:plain

f:id:izumo74:20190705225304p:plain

f:id:izumo74:20190705225314p:plain

f:id:izumo74:20190705225328p:plain

 

イギリスに渡航する際、トラブルにあったか入力。

f:id:izumo74:20190705225419p:plain

 

犯罪歴があるか入力。

f:id:izumo74:20190705225438p:plain

 

戦争犯罪歴があるか入力。

f:id:izumo74:20190705225456p:plain

 

テロ活動歴があるか入力。

f:id:izumo74:20190705225524p:plain

 

テロリスト団体の所属の有無を入力。

f:id:izumo74:20190705225539p:plain

 

テロリスト、テロ暴力を賛同・扇動する活動経験の有無を入力。(さすがにヨーロッパはこういう話題にピリピリしてますね〜!)

f:id:izumo74:20190705225556p:plain

 

特殊な職歴の有無を入力。

f:id:izumo74:20190705225612p:plain

 

大学からもらったSponcer lisence numberを入力(大概CASナンバーと一緒にもらえると思います)。Sponcer’s address は大学の住所を入力。

f:id:izumo74:20190705225623p:plain

 

留学先がHigher Educational institution(HEI) 指定の学校かを入力。

>>Higher Educational institution(HEI) 指定校とは?

f:id:izumo74:20190705225639p:plain

 

学校の自分がメインで活動するキャンパスの住所の確認。

f:id:izumo74:20190717183950p:plain

 

UCASというウェブサイトを使用したかの有無を入力。

f:id:izumo74:20190705225713p:plain

 

理系の一部の学科などで必要なATAS(Academic Technology Approval Scheme )登録の確認。

>>ATASとは?

f:id:izumo74:20190705225738p:plain

 

奨学金などのスポンサーの有無を入力。

f:id:izumo74:20190705225754p:plain

 

進学先の大学や学科情報の入力。

f:id:izumo74:20190705225809p:plain

 

進学先の国家資格フレームワークの入力。(大概大学からCASナンバーと一緒にこの情報ももらえます)

>>イギリス国家資格フレームワークとは?

f:id:izumo74:20190705225825p:plain

f:id:izumo74:20190705225842p:plain

 

進学先の学生自治会の有無の入力。

f:id:izumo74:20190705225902p:plain

 

コースの期間を入力。

f:id:izumo74:20190705225920p:plain

 

滞在先への支払いの有無を入力。

f:id:izumo74:20190705225935p:plain

 

 

 

National Insurance number (イギリスの国民保険)に加入している場合は入力。※留学生の場合は基本的には加入の必要なし。

>>National Insurance numberのガイダンス

f:id:izumo74:20190705230027p:plain

 

学費の入力。

f:id:izumo74:20190705230051p:plain

 

奨学金ローンの有無を入力。

f:id:izumo74:20190705230116p:plain

 

補足資料:フルガイダンスより抜粋

f:id:izumo74:20190705225948p:plain

f:id:izumo74:20190705230011p:plain

 

その他の情報入力。

f:id:izumo74:20190705230137p:plain

 

入力内容の確認。

f:id:izumo74:20190705230159p:plain

f:id:izumo74:20190705230219p:plain

 

契約宣言。

f:id:izumo74:20190705230233p:plain

 

留学生は全員強制的にImmigration Health Surcharge (IHS)というイギリス指定のバカ高い保険に入らないといけません。(しかも、去年よりも値上がりしてる...)

f:id:izumo74:20190705230244p:plain

f:id:izumo74:20190705230311p:plain

f:id:izumo74:20190705230330p:plain

 

個人情報を入力。

f:id:izumo74:20190705230349p:plain

 

入力内容の確認。

f:id:izumo74:20190705230407p:plain

 

契約宣言。

f:id:izumo74:20190705230423p:plain

 

IHSの支払い金額確認。

f:id:izumo74:20190717190036p:plain

 

支払い後、HISのリファレンスナンバーを発行してもらえます。

f:id:izumo74:20190705230439p:plain

 

ビザ申請料とHIS料金の支払いに移ります。

f:id:izumo74:20190705230458p:plain

f:id:izumo74:20190705230514p:plain

 

BRPカードの受け取り箇所を指定。(自動では大学の住所の近くが出てくると思います)

>>BRPカードとは?

f:id:izumo74:20190705230529p:plain

 

ビザ申請で、標準サービスか優先サービスを利用するかを選びます。

>>優先サービスとは?

f:id:izumo74:20190705230543p:plain

 

支払い方法を指定。

f:id:izumo74:20190705230602p:plain

f:id:izumo74:20190705230629p:plain

 

 

 

ビザ申請料の支払い確認。

f:id:izumo74:20190705230703p:plain

 

ビザ申請チェックリストのPDFがダウンロードできるので、A4の紙に印刷しておきます。

 

ここからはビザ申請センターの予約になります。赤で囲んだボタンをクリック。

f:id:izumo74:20190705230718p:plain

 

 

例によってVFS (ビザ申請センター)のサイトで申請手続き日の予約をします。

>>VFSのウェブサイト

 

アカウント用のパスワードを登録。(ビザ申請の時のアカウントとは別)

f:id:izumo74:20190705230832p:plain

f:id:izumo74:20190705230855p:plain

 

申請する国を指定。

f:id:izumo74:20190705230914p:plain

標準コースか優先サービスを使用するかを指定。※その他プライムタイムサービスなど必要な場合は追加

>>VFS優先サービスとは?

>>VFSプライムタイムサービスとは?

 

 

f:id:izumo74:20190705230945p:plain

 

アップロードする書類の確認。

f:id:izumo74:20190705231005p:plain

 

 

時間切れなどでログアウトした際は、アカウント登録の時に届いたメールからログインできます。

f:id:izumo74:20190705231115p:plain

f:id:izumo74:20190705231042p:plain

f:id:izumo74:20190705231134p:plain

 

赤で囲んだ部分が申請で必要になる書類。滞在先の家賃のレシートは、用意できれば提出すれば良いかもしれません。(提出しなくてもビザは取得できました)

f:id:izumo74:20190705231153p:plain

 

書類提出では、パスポートとビザ申請チェックリストに必要事項を記入したものをスキャンして、アップロードします。

※高校生以下の場合はここで保護者の承諾書と保護者との関係証明書もアップロードします。

※結核の検査結果などの記載もありましたが、今回はアップロードしませんでした。必要な国から来る場合はアップロードするようです。

※1600円の追加料金を払えば、ビザ申請センターで書類をスキャンしてアップロードしてもらえます。ただし必要書類の確認は別料金です。

 

ビザセンターに行く日時を入力して予約。

f:id:izumo74:20190705231213p:plain

 

大阪のビザセンターを利用する場合は追加料金がかかります。その他のサービスを利用した場合はその料金も払います。

(ビザセンターで現金で払う事もできます)

f:id:izumo74:20190717201552p:plain
 

 

確認してクレジットカードで支払い。

f:id:izumo74:20190705231332p:plain

 

ビザセンター予約表のPDFがダウンロードできるので、A4でプリントアウトしておきます。(ビザ申請センターに持っていきます)

 

VFSの各サービス(追加料金が必要)の詳細はウェブサイトに掲載されています。

>>VFS追加サービス

追加サービス例:

書類が揃っているかのチェック 1980円

ビザ発行後の自宅への郵送サービス 1580円

ビザ申請中は通常パスポートを使えませんが、どうしてもビザ申請中にパスポートを使いたい場合 10000円

 

 

この後ビザ申請センターに行って手続きをし、パスポートと仮ビザをビザ申請センターで受け取り、イギリス入国後BRPsカードを受け取って、Tier4 ビザ取得完了となります。

 

詳しくはこちらの記事を参照

>>ビザ申請センターに行ってきました!

>>仮ビザの受け取り

>>BRPsカード受け取り完了

 

印象としては、去年より若干手続きが簡易になっていたような気がします。

しかし相変わらず、ビザ申請料高いですね〜!^^;

 

 

 

 

【イギリス生活情報】カウンシルタックス(住民税)と免除対象者

 

 

カウンシルタックス(住民税)と免除対象者

 

ロンドンには馬鹿高い市民税(住民税)というものがあり、基本的に市民全員が各自治体に支払わなければなりません。しかしフルタイムの学生は免除手続きをすれば支払い免除になります。

 

免除対象者

フルタイムの学生

未成年者

企業などの実習生

障害を持つ方

など。

詳しくはGOV.UKのサイトでご確認ください。

また、住民税の額は住んでいる建物の種類や地区によって異なるようです。

 

免除手続きはネットで申請するか、近くの市役所まで出かけて手続きします。

※市役所の職員のミスにより、手続きしたにも関わらず一定期間の市民税を請求された話は別記事にて。

 

この市民税(カウンシルタックス)のめんどくさいところは、税金が個人ではなく建物にかかっていることです。つまり、フラットに住む代表者がそのフラットの分を支払えば良いので、シェアハウスなど複数人で暮らしている場合は割り勘になります。これだけだとまだわかりやすいですが、より複雑な場合は、免除対象者と非免除対象者が混在してフラットをシェアしている場合。親子など家族の場合だと特に問題ないですが、赤の他人がフラットシェアしている場合 (ロンドンだとこれが普通) 揉める可能が大いにあります。例えば、免除対象者からしてみれば、免除対象者だけでシェアしていれば払わなくて良い税金を家賃から徴収されることになり、さらにややこしいのは、免除対象者が一緒に住んでいる場合、非免除対象者の支払い分の25パーセントが割引になったりするのです。つまり、非免除対象者からしてみれば、免除対象者と住んでいる方が得になったりします。

 

このようにカウンシルタックスは複雑なので、シェアハウスではほとんどタックス込みの値段を設定しているところが多いですが、これも正規の値段かは怪しい。。ルールが複雑なため最初から値段を固定している場合、多めに支払っている可能性も考えられます。(せこい大家だとテナントにタックスを割り振って、自分は払わなくて良いようにしていたりしそう...でもこれは違法ではなく、ちゃんとフラットとして税金を納めていればそれで良いのです)

 

よくネットの口コミで、家賃とは別に後出しでタックス請求された!部屋探しの時はカウンシルタックス込みか確認した方が良い!などの意見をみかけますが、これはある意味家賃とは別にテナントのタックス配分をそのときのメンバー構成に合わせてそれぞれ計算し、割り振ってくれている善良なフラットとも言えます。しかし、後出しで請求すると困るテナントもいるので、最初から一律で徴収した方が大家的には楽なのかもしれませんね。

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

-トピック記事

 

 

englandryugaku.hateblo.jp

 

 

 

 

【イギリス生活情報】フラットメイトの募集方法

 

 

フラットメイトの募集方法

 

今までにロンドンでのフラットの探し方についての記事を書いてましたが、今回はフラットメイトの募集方法について書いてみようと思います。

 

 

募集方法はざっくり分けると、

 

・家族、友達や知り合いと住む

・大学のSNSグループを利用する

・アプリや掲示板を利用する

 

 が良くあるパターンかなと思います。

 

パターン①

よくお互いを知っている友達や家族、親戚、知り合いとシェアするのが一番安心で揉め事も少ないかと思います。やはり同じ家に住むならある程度信頼関係のある人とのシェアが安心です。同じ大学の日本人同士や、兄弟姉妹、同じ国出身で同じ学科の一連托生コンビや、学生/社会人カップルなどがよく見るパターンです。同じ年に入学して卒業する場合も、一緒に住みやすいと思います。

 

パターン②

同じ大学の人とシェアするため、情報交換など何かと便利です。別の学科の人とも知り合える可能性もあります。

Facebookなどのグループにポストして募集します。

 

パターン③

SpareRoom やmixbなどの掲示板サイトにポストして募集します。ここで注意したいのが、学生以外の社会人を入れた場合、フラット全体にCouncil tax (住民税)を払う義務が発生することです。(学生の場合は手続きした場合免除されるので無料) なので、学生と社会人が混ざるとフラット運営が複雑になるため、あまりお勧めしません。学生の場合はなるべく学生だけを募集するようにする方が賢明です。(話が脱線しますが、ワーホリビザの方から応募が来た時、家賃の価格や条件 (フラットの契約やネットの手続きなど全部こちら持ち)など考えてかなり高待遇であるにも関わらず、不動産屋に問い合わせているかのような態度だったりしてこちらから断ることもありました(こちらはただ、一緒に住んでくれる人を探しているだけなので..)。

ネットで変な大家に騙されたなどの情報が出回っているせいか、正式な入居書類を求められたり(シェアハウスに応募している時点でその家の正式なテナントではないくらい分かると思うのですが...) 要はホームステイみたいなもんです。たまに連盟でランドロード(実際のその家や土地の持ち主)からフラットを借りたりしますが、その場合は銀行の残高証明書などいろいろな書類が必要になり、手間もお金もかかります。つまり、そのようなややこしい手続きをやらずに正式な契約書や領収書を要求するのは非常識です。ちゃんとした書類が必要な場合は、自分で不動産屋に行って、正式な手続きすることをお勧めします。

 

 

ロンドンでの不動産屋との契約方法はまた別記事にて。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

-トピック記事

 

 

englandryugaku.hateblo.jp

 

 

 

 

王立園芸協会(RHS)とチェルシーフラワーショー(予約編)

 

 

王立園芸協会(RHS)とチェルシーフラワーショー(予約編)

 

チェルシーフラワーショー。園芸好きな人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

造園の世界一を決める大会で、トップクラスの庭師が制限時間以内に作品を作り上げます。それがライブショーになっていて、チケットを購入すれば生でその様子を見られる、というわけです。

 

RHS(Royal Horticultural Society)という、エリベザス女王が顧問を務める園芸協会が主催していて、なかなか歴史と由緒があるコンペです。最近は、日本人の庭師も活躍しているそう。

 

イギリスではBBC放送でその様子を一部始終放送しているので、わざわざ見に行かなくても、テレビで全部見れたりします。知り合いのイギリス人は、テレビの方がアップで手元を映してくれたり、庭師にインタビューしてくれたりするから、生で観るより良かったりするよ(笑)と言っていました。ガチで見たい人は、現地で観る+BBC放送を録画してじっくり観ると良いのかもしれませんね。

 

とりあえず一度行ってみたかったので、チケットを購入しようとしたところ...

 

めちゃ高い。

 

しかも、メンバー以外一般販売のチケットはほぼsold outしてしまっている様子でした。

 

メンバー(会員)になるには年間£47払う必要がありましたが、いろいろ迷って会員になることに。。

→後で手続きすれば学生は£10だということが判明

 

支払いをイギリスの銀行のデビッド支払いにすると割引になりました。

 

メンバーになった後は、メンバーとしてチケットを購入。

 

こんなにすぐ売り切れてしまうなんてよっぽど人気があるのか、チケット数が少ないのですかね。。

 

現地レポートは次回に。

それでは。

 

 

 

 

 

-トピック記事

 

 

englandryugaku.hateblo.jp

 

 

 

 

【イギリス生活情報】イギリスの電圧値とコンセント

 

イギリスの電圧値とコンセント

 

突然ですが、イギリスは日本と家庭内電圧値が違います。

日本のコンセント...100V

イギリスのコンセント...240V

そういえば電子レンジの電力も違いますね。。適当に使ってたけど。(最高で1000W出るみたいです。料理焦げるわ!)

 

差し込み口の形も違います。イギリスはごついですよね。

アメリカとも、他のEU圏とも違うので注意ですよ!(何でイギリスだけこんなに違うんだ⁇)

 

うっかりドライヤーなんか使ってしまうと、スイッチを入れた瞬間火を噴くらしいので注意してください。(一回やらかしました)

※今回の渡英からは、日本から全電圧対応のドライヤーを持っていきました。

 

余談ですが、イギリスではコンセントのことをアウトレットまたはソケットと言います。

でもいつも「コンセントどこですか?」って聞きたい時に出てこないんですよね。。

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

-トピック記事

 

 

englandryugaku.hateblo.jp

 

 

 

 

【イギリス生活情報】ロンドンにある日本のお店

 

ロンドンにある日本のお店

 

ロンドンでは三歩歩けば日本食レストランに当たりますし、日本車もたくさん走っているので、日々の暮らしの中で日本を感じることはありますが、日本企業の店舗はまだまだ少ないです。(日本食レストランでも、経営は別の国の人..といった感じ

)

そんな中、頑張っているのは、UNIQLOと無印良品。両方とも私は日本にいた時からヘビーユーザーです(^_^;)

 

ロンドンでは両社ともによく見かけるレベルで展開しているので、お店にも行きやすい!

 

・UNIQLO

日本と変わらない店舗様式ですが、若干品揃えが違うような気がします。ヒートテックやウルトラライトダウン、エアリズムなど日々お世話になっているものが揃っているので、とりあえず安心感があります。困ったときはユニクロです。(決して回し者ではありません^ ^;)日本で買うより若干高い気がします。

ロンドン限定のキャンペーン(キャラクターコラボ)もあるみたいです。(前にニンテンドーとかとのコラボがあった時は行列ができていました)

 

・無印良品

日本にいたときから無地ラー(無印ファン)だったので、ロンドンで見つけた時は本当に嬉しかったです。品揃えも、日本に比べたら少ないですが (食品系などが少ない気がする) だいたい揃っています。現地の人や観光・留学などでロンドンを訪れている人にも人気があるようです。学校で出会った留学生(特にアジア人)は無印の文房具を好んで使っている人が多かった気がします。無印は元々日本でも高いので、あまりロンドンだから高いという気はしません(高いかもしれませんが。。)

 

あとダイソーが進出してくれれば完璧だと思うのですが...

 

よろしくお願いします。

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

-トピック記事

 

 

englandryugaku.hateblo.jp